母子島聡明

ダイヤモンド富士ならぬダイヤモンド筑波山を撮りに、今朝も快晴の予報、川霧でもと期待して高速を走らせる、
下島の道の駅近くで空を見上げると満点の星、早速撮影に入る、筑波山はどこだ、北極星はどれだと、星座の勉強不足で方向が定まらない、
母子島遊水地の現場に着くと三脚がズラリ、割り込んで仲間入り、おお霧が湧いてるよ、これは良いぞ、今年一番の寒さの中、筑波山の朝焼けを待つ、
白々する頃には、霧が筑波山を覆い隠すほど、夜明けの空気感を撮りかった、タイミング的にはちょうど黎明、
霧は、ますます濃くなる、出すぎだよ~、6時10分筑波山頂上から太陽が顔を出す、その瞬間みな夢中でシャッタ-を切る、
霧の中の日の出、いいねと満足気な顔でカメラマン達は、サーと散っていった、次回は来年2月14~15日がダイヤモンド筑波の再来だ、
d0175022_11183473.jpg
d0175022_11184963.jpg
d0175022_1119511.jpg

d0175022_11194297.jpg

d0175022_11191796.jpg

d0175022_11195990.jpg

[PR]
by yuusyok | 2014-10-31 11:22 | 四 季

撮影旅の写真を載せています。


by yuusyok