新緑を求めて 2011-04-26

4月末、ゴ-ルデンウィ-クは混雑するので、新緑を求めて伊豆一周のドライブに、
カメラはコンデジとD300+魚眼をバックに4日間の旅に、
東名、厚木道路から真鶴を経て伊東へ~松川湖ではツツジも咲いていて、
大室山の麓のさくらの里では、小室山ツツジ園では5分咲きだったが、のんびり散策出来た、
d0175022_20252995.jpg
d0175022_20253926.jpg
d0175022_20263697.jpg

今夜の宿は、台東区の指定ホテルに今年からなった簡保の宿伊豆山、
簡保の宿は、どこも変わりばいが無く魅力に欠ける、
翌日は、リフトで大室山に登るが風が強く、それでも一周して景色を楽しんだ、城が崎海岸へ海岸線には絶壁が連なり、幾重にもふところ深く入り組んだ岩礁、岬から岬へと続く眺めはまさに壮観です。
---天麩羅の浜田屋(ビックリ丼)--河津バガテル公園に行くが休園だった、
d0175022_20285531.jpg

d0175022_20291885.jpg
d0175022_20292710.jpg


伊豆を一周する事になり、下田を抜けて田牛竜宮公園サンドスキ-場、その異様な光景に最初は誰もが驚くことでしょう。
砂山の傾斜がハンパではありません。
「斜面30度45M」という表示が出ているのですが、本当に30度程度なのでしょうか?45度くらいありそうなんですけど…!
驚いたことにこのサンドスキー場は人工のものではありません。海から吹き付ける風によって砂が自然にこの形になったというのですから驚きです。
田牛海水浴場とサンドスキー場の間に「竜宮窟」への入口があります。薄暗い階段を下って行くと、そこには想像していなかった空間が広がっていました。
地層も垣間見れて面白いです。
石廊崎海岸は地震で崖崩れがあり通行止め、
奥石廊<あいあい岬>奥石廊から眺める海は、ゴツゴツした岩が海に美しさを添える。夕方はまた表情を変えて、
沈む夕日が絶景。展望台からは知る人ぞ知るといわれているヒリゾ浜も見えます。
石部(いしぶ)棚田は、伊豆半島の西側の先端に位置する静岡県松崎町にあります。
標高120~250mに広がる約370枚、4.2haの田んぼは、東日本では珍しい石積みの棚田。眼下に駿河湾を一望でき、晴れた日には、富士山・南アルプスを望むことができる絶景の棚田です。
d0175022_20342437.jpg
d0175022_20343269.jpg

戸田の一食堂で高足ガニ(13.000)を食して、修善寺、箱根でサクラが綺麗だったので強羅アサヒホテル泊、
[PR]
by yuusyok | 2011-04-26 20:22 | ドライブ

撮影旅の写真を載せています。


by yuusyok