吉川のサギ2018

外敵からひなを守るため、コロニーと呼ばれる集団繁殖地で子育てしており、
3月下旬から、子育ての準備にかかる親鳥の動きが見られるようになった、
以前作られた巣をそのまま使ったり、古い巣を小枝などで補強したりするケースもあり、
今は忙しく親鳥が巣の上を飛び交う姿が見られる。
早いもので4月終わりごろに産卵が始まる。5月に入ると活発になり、
6月上旬にひながかえり、子育ては7月ごろまで続くとされる。
サギ類は集団繁殖地(コロニー)を作って繁殖を行いますが、
昨今は里山などの樹林地においても宅地開発などが進み、
営巣に適した場所が少なくなったためか、
住宅に近接している樹林地などにコロニーが形成されることがあります、
数十羽~数百羽が集中して繁殖し、一斉に子育てをしますので、
エサをねだるヒナの声などがうるさく感じられることがあります。
サギ類は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の法律により、
許可なく捕獲することは出来ません。
d0175022_19523553.jpg
d0175022_19525942.jpg
d0175022_19540140.jpg
d0175022_19533046.jpg
d0175022_19544121.jpg
d0175022_19545921.jpg
d0175022_19552216.jpg
d0175022_19554407.jpg
d0175022_19560707.jpg
d0175022_19571013.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-06-23 19:57 | 四 季

大船フラーワセンターで

6月に入り、アジサイの季節がやってきました、突然の雨に濡れたりして気分が沈んでしまいそうになりますが、
色鮮やかなアジサイが咲くのを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか、
鎌倉のアジサイの名所は大変な混雑の様子、特に、アジサイ寺で有名な明月院は入園するのに長蛇の列だそうで、
例年より10日ほど開花が早く、ここ、大船フラーワセンターはアジサイの株も少ないので心配したが、
入園者は疎らで、のんびりと撮影が出来た、息を吹きかけたり、玉ボケを作ったりして撮影したが、やはり図鑑だ。
d0175022_20395915.jpg
d0175022_20390192.jpg
d0175022_20392366.jpg
d0175022_20374021.jpg
d0175022_20394578.jpg
d0175022_20380774.jpg
d0175022_20382374.jpg
d0175022_20384424.jpg


[PR]
# by yuusyok | 2018-06-17 20:45 | 四 季

吉川のサギ

白鷺の魅力は飾りばねや、離陸、着地時は翼を大きく広げ優雅に飛姿します、5月中旬、吉川町のコロニーで今期もたくさんのサギが営巣の準備の中、竹林全体で場所取りで争いが起きている、夜明けと共に、川に流れて来る小枝や、近くの畑や林で小枝をくわえ巣作りに励む、営々と小枝をくわえて来る隣の住人の巣から、チャッカリ小枝を自分のものにする不届き者もいる、
d0175022_12464774.jpg
d0175022_12463488.jpg
d0175022_12461229.jpg
d0175022_12454554.jpg
d0175022_12455727.jpg
d0175022_12462305.jpg
d0175022_12452629.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-06-08 12:48 | 四 季

山古志棚田棚池

山古志の虫亀地区や竹田地区の目の前には、山の暮らしの中で育まれた、洗練された棚田と棚池が広がっています、夜行バスで一路山古志に向け関越道を走り、夜明け前、棚田棚池一本杉に到着、星空の下、夜明けを待ちけれず車外に出て、朝霧の立つ情景を期待してポジション選び、山古志にかかる朝霧は上昇霧とよばれるもので谷すじから霧があがってきます、朝日や朝霧は金倉山周辺や棚田棚池一本杉が特に有名 です
d0175022_21272914.jpg
d0175022_21275044.jpg
d0175022_21280976.jpg
d0175022_21282558.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-06-06 21:29 | 四 季

雨後のアジサイ

雨上がりの隅田公園には、色彩かな紫陽花が咲き誇っています、紫陽花は「日本原産」であり、その語源は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい」だといわれています、一般的に見ることの出来る紫陽花は、西洋で改良されたもので、万華鏡、おたふく、ウェディングドレス、隅田の花火、他などで、今日のカメラは、α6000、16-50mmで挑戦してみました、三分割構図、日の丸構図、対角構図と、いろいろありますが、撮り方は特別な事はないが、それだけに誰が撮っても差はなく、自分としては、背景と一歩近づいてみようです。
d0175022_05205631.jpg
d0175022_05192015.jpg
d0175022_05200016.jpg
d0175022_05202047.jpg
d0175022_05203734.jpg
d0175022_05194884.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-06-01 05:22 | 四 季

天空のポピー畑

満開を待って秩父高原牧場の「天空のポピー畑」へ、「天空のポピー」の特徴は何と言っても1500万本の真っ赤なシャーレーポピーが5haの大高原を覆い尽くします、標高500mに位置し、山の上にあるポピー畑は、澄み切った青空の下に広がり天空の絶景だ!暑すぎて熱中症を避けて、一旦下界に下りて食事と休憩を取りながら夕方まで待つことにした、17時頃再び天空へ、夕景の素晴らしい光景を求めてカメラマンが続々と集まってきた。
d0175022_21361262.jpg
d0175022_21363814.jpg
d0175022_21370005.jpg
d0175022_21371692.jpg
d0175022_21375518.jpg
d0175022_21381350.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-05-28 16:32 | 四 季
ランプミュージアム&フラワーガーデン勇壮な海岸線と伊豆大島を望むオーシャンビュー、その豊かな自然の中にあって、四季折々の花が咲く「フラワーガーデン」、その先にはさらに城ヶ崎海岸、太平洋へと景色は続き、絶景を堪能することができます、駐車場から急な坂道を降りて行くと手石島を望む風光明媚な汐吹海岸、見所は汐が吹き上がる汐吹岩です、綺麗に整備された歩きやすい遊歩道を進むと、立ち見台から汐吹岩が見られるベストボジション、汐が吹き上がる仕組みは、汐吹岩の洞穴の仲の空気が波によって圧縮されて音とともに勢い良く汐を噴き上げるようです、満潮時がベストです。
d0175022_22152968.jpg
d0175022_22151651.jpg
d0175022_22150349.jpg
d0175022_22140669.jpg
d0175022_22134344.jpg
d0175022_22143120.jpg
d0175022_22132226.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-04-27 10:09 | 四 季

あけぼの山農業公園

風車を背景に、1.2ヘクタールに広がる花畑には約16万球のビオラとチューリップが咲き揃い、綺麗な模様を描き、美しい絵のような風景が広がります、
d0175022_08014183.jpg
d0175022_08021683.jpg
d0175022_08020208.jpg
d0175022_08023276.jpg
d0175022_08024369.jpg
d0175022_07195003.jpg
d0175022_07193019.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-04-11 08:03 | 四 季

小湊鉄道沿線

東京の桜は、例年より8日ほど早く満開を迎えますが、小湊鉄道沿線は東京より一週間ほど遅く満開を迎えると聞いていましたが、桜が散らないうちにと、京葉道路市川より高速に乗り1時間ほどで市原ICへ、397号線~81号線と車を走らせるが、桜の蕾はまだ硬い、小湊鉄道、赤とクリーム色のツートンカラーの可愛らしい列車が特徴的です。窓ガラスのないオープンタイプの車両は開放感抜群!五感で里山をお楽しみ頂けます。各駅には駅を囲むように桜が植えられていて、それはそれは最高のロケーションです。車両がやってくるのは30分に1本、1時間に1本という小湊鉄道。そんなのどかな小湊鉄道ですが、画面に現れるのは2分程度、駅に停車しているのは20秒程度。停車中に写せるのはせいぜい2~3枚,車両が行ってしまえば、あとはひたすら待っだけ・・・さとみ駅、飯給駅~養老渓谷と回って来ました。
d0175022_13085828.jpg
d0175022_13091910.jpg
d0175022_13095264.jpg
d0175022_13093607.jpg
d0175022_13100268.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-03-25 13:11 | 四 季

ダイヤモンド筑波山

母子島にダイヤモンドの時期がきました、
筑波山頂から太陽が出る瞬間、まるでダイヤモンドが光り輝くような光彩が見えるダイヤモンド筑波、
撮影チャンスは、2月14日前後と10月28日前後の年2回だけ。
貴重な瞬間を撮影するため、毎年何百人というたくさんの人が訪れます。
特に2月は、空気が澄んでいて水面も穏やかなので、ダイヤモンド筑波が水面にも映り、
ロマンチックな「ダブルダイヤモンド筑波」になることも、
2月14日(水曜日)首都高入り口封鎖のトラブルがありましたが、
白む頃、現地に到着、ガードマンに誘導され臨時駐車場に、
物凄い車の数、100台・200名以上はいるでしょう、
屋台までも出て、賑わいを見せていた、
これでは場所の確保が難題、あちこちで、小競り合いがあったらしい、
そのため、誰もいない田圃での撮影です、
d0175022_11435681.jpg
d0175022_11442011.jpg
d0175022_11443513.jpg
d0175022_11444936.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2018-02-15 11:47 | 四 季

撮影旅の写真を載せています。


by yuusyok