大洗海岸

大洗海岸の荒波が砕ける岩場の突端に建つ鳥居は、日本を代表する日の出の名所、海岸が真東を向いている為、鳥居越しに美しい朝日を見ることができ、鳥居と海と朝日が重なる様は絶景です、この日、波頭が夕日を浴びて深紅に染まり、凪の海風が心地よい夕暮れにしばし見いていました、星が瞬く夜、海岸に出るが人影は無く、波の音だけが聞こえる中、一人撮影に没等する、日の出前、大洗磯前神社前の海岸には、懐中電灯の光が交差している、すでに20人ほどのカメラマンが鳥居と太陽を納めようと右往左往、隣の人が、ここで太陽が鳥居の中心に来るとスマホを操作していた凄い。
d0175022_16343396.jpg
d0175022_16350280.jpg
d0175022_16352057.jpg
d0175022_16353702.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-12-14 16:36 | 四 季

養老渓谷

養老渓谷で紅葉・星空撮影ため前夜に出発、海ホタルで夜空を見上げると雲の帯に満月、予定を変更して江川海岸で工場夜景を撮ることに、梅ヶ瀬渓谷に着いた頃には星空が広がる、モミジやコナラなどが生い茂り、渓谷の砂泥層の白い岩肌が赤、オレンジ、黄色と色とりどりに染まる梅ヶ瀬渓谷は、シーズン前の二度の台風被害で小さな崖崩れや倒木が散乱、川面の映りこみを期待したが皆無、養老渓谷は期待通りの紅葉真っ盛り、光の中をヒラヒラ舞い落ちる葉、悠久の時が刻まれた地層、流曲線状に削られた川床、川面の映りこみも見事で、気分を良くして昼食の蕎麦屋に入ると、 蕎麦も数段美味しく感じた、帰りの富津公園での夕日も、空を深紅に染めて我々を迎えてくれた。
d0175022_16550641.jpg
d0175022_16543042.jpg
d0175022_16545169.jpg
d0175022_16552054.jpg
d0175022_16555906.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-12-02 16:50 | 四 季

多聞院、多福寺

秋の夕日に照る山紅葉、濃いも薄いも数ある中に、松をいろどる楓や蔦は山のふもとの裾模様、と言う童謡がありますが、ここ、埼玉県入間郡三芳町の多聞院、多福寺の紅葉は丁度見頃で、楓の中で特に色が変わるものを紅葉と呼ぶそうですが、綺麗に手入れされた庭に、楓や紅葉が陽光を浴びて素晴らしい。
d0175022_17101589.jpg
d0175022_17085494.jpg
d0175022_17091102.jpg
d0175022_17094146.jpg
d0175022_17095763.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-11-15 17:06

散 歩

朝晩、日が詰まって来ましたが、隅田川は吾妻橋から桜橋回る朝の散歩は約4千歩超えます、隅田川沿いをジョキングや散歩する人で早朝は賑あうが、季節を感じながらの散歩は目を楽しませてくれる、隅田川が賑あうのは花火大会だけではない、観光の屋形船が川面を頻繁に行き交う、浅草寺を中心とした商業施設も沢山あるし、陸の上も水の上も大変な賑あうのは江戸の頃からの光景ですね、
d0175022_22323324.jpg
d0175022_22095333.jpg
d0175022_22324096.jpg
d0175022_22430629.jpg
d0175022_22331336.jpg
d0175022_22330676.jpg
d0175022_22330078.jpg
d0175022_22101300.jpg
d0175022_22101950.jpg
d0175022_22331886.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-11-10 21:56 | 四 季

ダイヤモンド

今年2月の荒川土手からのダイヤモンド富士は全滅でした、10月の若洲公園はじめ稲毛海岸からのダイヤモンド富士も、台風の影響が重なり不発でした、11月に入り天気が安定した今日、久しぶりに荒川土手に出掛けました、富士に日が落ちる頃には、数十人のカメラマンで賑わい遠くは八王子から、世田谷、板橋からと期待をこめて参集してきました、雲一つない晴天で、太陽の光が強く、富士山が見えない、もう時間なのにと思っていると、誰かがダイヤモンド富士の始まりだと叫ぶ、シャッター音が鳴り響くのは言うまでもない。
d0175022_22552650.jpg
d0175022_22553229.jpg
d0175022_22554352.jpg
d0175022_22553717.jpg
d0175022_21240973.jpg
d0175022_22555025.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-11-08 21:27 | 四 季

濃霧の遊水地

午前2時半、雨上がりだから朝霧はきっと出ると、星空を見上げながら遊水地を目指す、冬に息が白くなるのと原理は同じで、 暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおき、その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生するもので、現地に着くと予想通り濃霧が発生していた、支度をして土手を駆け登る、何も見えないが知り尽くした渡良瀬遊水地、地を這う霧なら最高だが、ゴルフ場を正面にしてカメラを構える、吐く息も白く、鴨の鳴き声だけが聞こえてくる、日の出は6時、白々してきた頃見えてきたのが、ゴルフ場のあちらこちらに池が出来ていた、それで、川も無いのに鴨の鳴き声が聞こえて来たのかと納得、先日の、台風の大雨で遊水地が冠水していて、進入禁止になっていたが、日中になって入る事が出来た、
d0175022_20124704.jpg
d0175022_20141676.jpg
d0175022_20143680.jpg
d0175022_20133410.jpg
d0175022_20131107.jpg
d0175022_20121646.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-10-29 20:17 | 四 季

紅葉壮観

日本の四季の風景の移り変わりは素晴らしい。とりわけ特に秋は「山装う」季節、地味だった大地の色は錦繍で彩られ、人々を絵画の世界へと誘ってくれる。観音沼の紅葉は10月下旬から見頃を迎えるが、早いと思いながらも大自然のショーを観に車を走らせた、観音沼は会津下郷町の、観音山のふもと900mぐらいの標高に位置し、沼の周囲は1.2Km程で、四季折々の美しさを見せる観音沼ですが、やはり紅葉シーズンが神秘的な景観に魅了されます、那須を代表する紅葉は今が見頃で、茶臼岳はガスに覆われたり晴れたり、山の頂きにオレンジの鋭い光が差した、山は少しずつ燃え出していた、はじめて訪れた駒止の滝は、綾錦の中に一筋の布を見る様な絶景でした、今年は、霜が降りないので近年にない素晴らしい紅葉だと土地の人が語してくれた、予定の沼ッ原湿原、塩原渓谷歩道は明日から天気が崩れる予報なので1日早めての帰宅です。
d0175022_14053499.jpg
d0175022_14055757.jpg
d0175022_14061026.jpg
d0175022_14063928.jpg
d0175022_14065983.jpg
d0175022_14070905.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-10-14 14:08 | 四 季

あけぼの山農林公園

あけぼの山農林公園の大きな特徴は、四季の花々です、2月下旬の梅からはじまり、桜、菜の花、チューリップ、芝桜、ポピー、花菖蒲、ハス、ひまわり、春秋2回咲くコスモス、などが公園の至るところで咲き乱れるんだそうです、中でもチューリップは特に有名です、風車をバックに見るチューリップは異国情緒たっぷりの美しさです。茹だるような暑さの中、蝉の鳴き声がひまわり畑を支配している、夏を象徴するかのような積乱雲を恨めしく見つめるだけで、これがまだあと二ヶ月近く続くと思うとそれはまさしく地獄のようだ、
d0175022_10571618.jpg
d0175022_10574561.jpg
人形を撮影している、お兄さんがいたので撮らせてもらったが、なんとこの人形、遠隔操作で動くそうで、撮影もタブレットからの遠隔操作、何でもネットで、制作した人形を販売するための撮影だそうで、汗を拭きふき話してくれた、ひまわり畑では、カップルや、幼子を連れた親子が暑さにもめげず、夏を楽しんでいるようだ、クーラーずけで外気の熱さになれない私にとって、10分も撮影していると汗があふれ出て木陰に逃げ込みます、この繰り返しで午前中で引き上げてきました。
d0175022_10593991.jpg
d0175022_10595933.jpg
d0175022_11003016.jpg
d0175022_11005153.jpg
こちらも    http://sizen.tendon.bz/
[PR]
# by yuusyok | 2017-07-29 11:03 | 四 季

御殿場高原 時之栖

御殿場高原 時之栖(ときのすみか)、は高原リゾート多数の温泉施設・レストランなど充実の施設が大集合!、ホテル時之栖はフアミリー向けで、御殿場高原ホテルは団体客がおらず、静かで落ち着いた時間が過ごせます、各部屋からは、ほぼ正面に富士山が見えるので、朝夕はとても綺麗です、この季節は、金魚と光のイルミネーションが行われていましたが、お目当ては、敷地内にある、御殿場高原ビールで富士山の湧水とドイツの技術が生んだ地ビールがたまりません。
d0175022_21580399.jpg
d0175022_21583720.jpg
d0175022_21590411.jpg
d0175022_21592341.jpg
d0175022_21594333.jpg
d0175022_22000440.jpg
d0175022_22003983.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-07-19 22:04 | 四 季

白鷺育児

今年も越谷の白鷺コロニーに出掛けました、白鷺の魅力は飾りばねや、離陸、着地時は翼を大きく広げ優雅に飛姿します、飛来しては 木の枝をくちばしにくわえる時の動作、その時の繊細な白い翼が、たまらなく魅力的です、 白鷺たちは抱卵を終え子育てです、早いものは既に巣立ちして飛び回っていますが、遅いものは未だ幼鳥です、早いもの 遅いものの差は約1ケ月位あるようです、人間様にも早婚、晩婚はありますね、 幼鳥は親の嘴を咥え込み 直接餌を貰います、餌をヒトリジメしようと親の嘴を離しません、 白鷺の雛も餌の獲り合いをする、我先にねだる食欲旺盛、親鳥もひっきりなしに餌を運ぶ、よく見ると、幼鳥は白いが親鳥は餌場の泥でかなり汚れている、巣立ちを促すためか、餌を待った親鳥は巣から少し離れた枝で待っています。
d0175022_15351473.jpg
d0175022_15363630.jpg
d0175022_15362615.jpg
d0175022_15361078.jpg
d0175022_15355869.jpg
d0175022_15352956.jpg

[PR]
# by yuusyok | 2017-06-25 15:40 | 四 季

撮影旅の写真を載せています。


by yuusyok